まったくの初心者がラズパイをセットアップしてみた。

とうとう、気になっていたRaspberry Pi 3 Model B(以下、ラズパイ)を購入しちゃいました。

最近ではAIを搭載させたり、サーバにしたり、色々な施策されている方がいますね。

今回はラズパイのセットアップから起動するまで紹介します。

ラズパイについて


ラズパイとは何か?

ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ

ARMといえば、小型ゲーム機によく使われるプロセッサです。

日本だとニンテンドーのゲーム機に使用されています。そして、

ソフトバンクの孫正義さんが買収したことで一躍有名になりました。

シングルボードコンピュータとは、むき出しの一枚の

プリント基板(ボード)の上に、CPUや周辺部品、入出力インタフェース、

コネクタを付けただけのコンピュータです。

なぜラズパイを選んだか?

  • 比較的安価で入手することが可能
  •  
  • ラズパイは基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図しているため、仕組みを理解しやすい

他に似たようなマイコンは何があるか?

以下のリストはマイコンなのでOSが搭載されていません

また、マイコンによって用途や特性がそれぞれ異なります。

  • Arduino
  • ESPr Developer
  • mbed
  • Galileo
  • ChainDuino  ・・・etc

参考:マイコンボードについて

用意するもの


ラズベリーパイ

Raspberry Pi 3 Model B

created by Rinker

ブレッドボード

ブレッドボード

created by Rinker

ジャンパー線

ジャンパーワイヤ130pcs オス-オス forブレッドボード

created by Rinker

マイクロSD

microSDカード32GB

created by Rinker

5v電源ケーブル

ACアダプター 5V

created by Rinker

ジャンパー線

ジャンパーワイヤ130pcs オス-オス forブレッドボード

created by Rinker

他にマウス・キーボード・ディスプレイをご用意ください!!!

購入したラズパイキット

こんな感じです。

Raspberry Pi3 Model B

たくさんパーツが入ってます。

電源ケーブル

Android系のスマホとかのでよかったっぽいです・・・

On/Offのボタンがコードについてます!

セットアップ


ラズパイにインストールするOSを決定

ラズパイにインストールできるOSはたくさんあります。

  • Raspbian(ラズビアン)
  • Ubuntu MATE(ウブンツ マテ)
  • Fedora(Pidora)
  • Windows 10 IOT Core
  • RiscOS
  • Chromium OS
  • Android Things

他にも数えきれない程のOSが存在します。

今回、一番有名でスタンダードなOSのRaspbianをインストールします。

参考:2017年ラズベリーパイ各種OS・ディストリビューションまとめ1(汎用編)

OSをダウンロード

OSのダウンロードページでは、Raspbian(ラズビアン)とNOOBS(ヌーブス)が選べるようになっています。

RaspbianはOSですが、NOOBSはOSのインストーラです。

今回は、「NOOBS」のzipをダウンロードしていきます。

種類説明
RaspbianラズベリーパイのOSのみ
NOOBSRaspbianを含め、必要なファイルを一気にダウンロードできるもの
NOOBS(Lite)Raspbianを含めず、必要なファイルを一気にダウンロードできるもの
①NOOBSを選択
②NOOBS > Download ZIP を選択

1.4GB程あるのでネット環境に注意しましょう! (制限ありだと死にます・・・)

③マイクロSDカードのフォーマット

まず工場出荷時でないマイクロSDは必ず最初にフォーマットしてください!

ファイルを削除するだけではうまくいかない場合があります。(自分がそうでした)

失敗すると、ディスプレイとつないでも何も映らないです!

SDカード専用のフォーマットソフト: SD Formatter

④マイクロSDに展開

ZIPを展開したフォルダ内のデータをマイクロSD直下にコピー

機器の接続

①マイクロSDや他の機器を接続

こんな感じです。

インターフェース接続したもの
マイクロUSB電源
マイクロSDSDカード
HDMIディスプレイ
USB1キーボード
USB2マウス
USB3なし
USB4なし

ラズパイにOSをインストール

ラズパイに電源を入れて、ディスプレイを立ち上げると、

チェックボックスが2つありました。

①インストールするOSを選択

とりあえず、両方にチェックを入れました。

②言語を選択(日本語)
③Wifiの設定(必要であれば)

Wifiに接続するとインストールできるOSがたくさんでてきました。

こちらの説明は別途そのうち作成します。

④インストール

これが長い・・・(1時間くらい)

⑤完了・確認

インストールの完了画面です。

OKを押すと処理が始まって、3分程待つと、OSが立ち上がります!

以上で、インストール完了です!!!

おまけ

OSの設定ですが、デフォルトの状態だと日本語入力ができません

Raspberry Piの日本語設定(Pi3用)の手順で日本語化ができます!

まとめ

インストールをまとめるサイトが色々あったので、

すんなり手順は進めることができました。

一点、マイクロUSBのデータのフォーマットが詰まった個所です(TT)

ファイルサイズもでかいため、手戻りで時間がかかってしまった。

皆さんは気を付けてください(^^)

参考サイト

0 thoughts on “まったくの初心者がラズパイをセットアップしてみた。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA