パワーLEDの使い方を理解しよう

みなさんはパワーLEDという言葉を聞いたことがありますか?

何かというと、電力が高い超強力(パワー)なLEDです。

つまり発光がすごくまぶしいLEDです。

感覚としては太陽を見ているかのようで、長く見てると目に悪影響を及ぼします。

パワーLEDの用途は車のヘッドランプに付けたり、懐中電灯にしたり、家庭菜園用にしたりと様々です。

今回はそのパワーLEDについて紹介します。

パワーLEDを理解しよう


パワーLEDとは?

消費電力が高い「ハイパワーLED」のことを指します。

厳密な定義はないようですが、よく以下のように分類されています。

分類 消費電力
ローパワーLED 0.2W以下
ミッドパワーLED 0.3Wから0.7W
ハイパワーLED 0.7W以上

ハイパワーLEDの使用例の動画を取りました。かなりまぶしいです。

値段は?

1.パワーLED

1個あたり120円です!!!

2.放熱板

1個あたり35円です!!!

ちなみに放熱板とパワーLEDがついた品物も売っています。価格は白色で150円です。

極性の確認方法は?

足の部分に「+」の印字があるほうがアノードになります。

製造ロットによって異なる場合があるため、LEDと放熱板をはんだ付けする場合や極性が不明な場合は一度LED点灯させ、極性を確認しましょう

わずかな時間であれば極性を逆に接続しても問題ありません。

用途は?

よくある使い道だと、懐中電灯、照明、ヘッドランプ、等があります。

私は植物栽培用のライトとして使用しています。

パワーLEDの注意事項の確認しよう


直視しない

1W以上のLEDということで非常にパワーが強く、かなりまぶしいです。

直視し続けると、失明や色覚異常等を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

放熱対策をしっかりする

1W以上のLEDということで消費電力は多く、電力は熱に変換されるため、非常に熱くなります

そのため、放熱対策が必要です。

具体的には放熱板に接合したり、アルミ板に接着したり、放熱グリスを塗ったりと・・・

放熱対策をしないと、劣化を早めたり、事故につながる可能性につながるため、注意が必要です。

ちなみにLED単体だとかなり熱くなります。

条件 湿度
パワーLEDのみ 70℃
パワーLED + 放熱板 50℃

※3分通電した場合

放熱板を付けた場合でも50℃近く熱を持つので、それに加えてヒートシンクや放熱グリスを使う必要がありそうです。

まとめ


パワーLEDはとてもまぶしい光を作ってくれますが、強力が故に注意すべき点もあります。それらを守って使用すれば安全に利用することができます。

みなさんもこれを機にDIYを始めてはいかがでしょうか。

参考:1W ハイパワーLEDは熱い? OVERDRIVE/ウェブリブログ

0 thoughts on “パワーLEDの使い方を理解しよう”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA